髪が弱る原因を知っておきましょう

女性ホルモンは、髪の成長に大きな影響を及ぼします。
男性よりも女性の方が薄毛に悩む方が少ないのは、女性は女性ホルモンが多く分泌されているからなのです。ただ、女性の場合も年齢と共に女性ホルモンの分泌量が減っていきます。

 

 

女性ホルモンの分泌量が減ることによって、髪の成長が妨げられ、抜け毛も多くなっていきます。
髪の毛をつくりだす機能が低下することもありますし、髪の毛をつくりだす元の毛母がなくなってしまうこともあるのです。


 

また、年齢と共に髪の毛を保護してくれる役割を担っているキューティクルが剥がれてしまい、髪の内部にあるたんぱく質が外に放出されてしまいます。

 

そうなると、

  • 髪にツヤがなくなってパサついてしまったり、ゴワゴワとまとまりのない髪になってしまうのです。
  • 切れ毛や枝毛が多くなるのも、キューティクルがしっかりと機能しなくなっているからだと言われています。
  • 薄毛や髪のパサつき、白髪などが見られると、老けて見えてしまったり、清潔感を欠いた印象に見られてしまいます。

 

女性の方は、いつまでも若々しく美しくいたいという気持ちが強いですので、髪の問題が起こったことによって自分に自信がなくなってしまうこともあります。
そうならないように、髪の問題が起こる原因や対策を知っておくことが大切なのです。

 

髪の健康を守るためのシャンプー法

髪の健康をキープするのであれば、シャンプーをしっかりと行わなければならない、そう思われている方は多いのではないでしょうか。しかし、必要以上にシャンプーをしてしまうと、髪の潤いを奪ってしまい、乾燥によって髪のトラブルが多く発生をしてしまいます。

 

せっかくシャンプーによる髪のケアをしているのに、過剰なケアによって髪を傷つけてしまうのはとても勿体ないです。
シャンプーをすることは髪の健康にとっては大切なことですので、髪を傷めずに行うシャンプーの方法をここで知って頂きたいです。

 

髪を傷めずに行うシャンプーの方法は、しっかりとシャンプー液を泡立ててから髪にのせてあげることです。
そして、泡で頭皮をマッサージしながら髪を洗ってあげましょう。

 

髪の健康を守るのであれば、髪をつくりだす頭皮が非常に重要になります。頭皮が汚れや皮脂で詰まっていると、健康な髪が生えてきてくれません。マッサージをして汚れや皮脂を落として、頭皮の毛穴の詰まりをしっかりと取り除いてあげましょう。
シャンプーをした後は、ドライヤーで髪を乾かし、椿油やトリートメント剤で髪の潤いを閉じ込めてあげて下さい。

 

更年期のパーマやカラーの注意点

髪の毛にボリュームがなくなってくると、パーマをかけてふんわりとさせたいという方は多いでしょう。また、白髪が目立つようになると、白髪染めなどカラーをされる方も多いでしょう。

 

少しでも若く美しく見られたいという気持ちは分かりますが、パーマやカラーは髪にダメージを与えてしまいます。

 

髪の健康を守りたいのであれば、パーマではなくカットでボリュームを調整したり、カラーの頻度を減らすようにして下さい。
最近では、髪にダメージが少ないカラー剤であったり、髪に栄養を補給してくれるトリートメントなども出ていますので、そういったものを使用してあげるのも良いでしょう。

 

【関連記事】
40代から始めたい女性の抜け毛対策とは

 


選んで良かった!更年期サプリ 口コミランキング
高麗美人 FUWARI エクオール+ラクトビオン酸

高麗美人 口コミこちら
モンドセレクション4年連続金賞を受賞!高麗人参サプリ




FUWARI 口コミこちら
高濃度のプラセンタとコラーゲンが摂れる!更年期とキレイに働く嬉しいサプリメント



更年期の救世主!と大注目されているエクオールを手軽に摂れるサプリメント