更年期障害に良い食べ物は?

更年期を迎えると、身体にさまざまな症状が起こるようになります。

 

辛い症状で悩まれている方も多く、ホルモン治療法や漢方薬が欠かせなくなっておられる方もいらっしゃいます。
身体を健康に保つためには、何と言っても食生活が大事になります。更年期障害も、食生活の改善によって症状を抑えることが出来ることがあると言われています。

 

それでは、更年期の改善・予防策として効果的な食べ物(栄養素)をご紹介していきます。

 

 

大豆イソフラボン

 

大豆イソフラボンは女性に良い栄養素ということは、多くの方が既にご存知かもしれません。
この大豆イソフラボンがなぜ女性に良いのかと言いますと、女性ホルモンのエストロゲンと同じようなはたらきをしてくれるからなのです。
つまり、大豆イソフラボンを身体に取り込むことにより、女性ホルモンが活性化をし、更年期の症状を和らげたり防ぐことが出来るのです。
大豆イソフラボンを豊富に含む食べ物は、豆腐や豆乳、納豆などのように大豆製品となります。

 

ビタミンE

 

ビタミンEには、ホルモンの分泌を促す作用があると言われており、減少をしてきている女性ホルモンの分泌量を増やす効果があります。
また、血行を良くするはたらきもあるため、更年期障害の症状の1つである身体の火照りや冷えから守ってくれる効果もあります。
ビタミンEは、アボカドやナッツ類に豊富に含まれています。

 

亜鉛

 

亜鉛はセックスミネラルとも言われるほど、ホルモンの分泌を促す作用があります。
亜鉛を多く含む食材には、牡蠣やカニ、ホタテ、牛や豚のレバー、うなぎといった食べ物があります。
亜鉛が持つ作用をより高めたいのであれば、ビタミンAを含むものと一緒に食べることをお勧めします。

 

ビタミンC

 

更年期になると、何気ないことでイライラしてしまうようになります。
このイライラを抑制してくれるのが、ビタミンCになります。
また、ビタミンCには抵抗力をつけてくれる作用や美肌効果もありますので、更年期を迎える女性でなくても積極的に摂りいれて欲しい栄養素です。
ビタミンCを多く含む食べ物は、レモンやイチゴ、オレンジといったフルーツ類、ほうれん草やブロッコリーといった野菜類です。

 

生活習慣の改善も心がけて

 

上記のような栄養素をより身体に吸収をしてあげるためには、食生活をきちんとしてあげることが大切になります。
忙しいからといって、ついついコンビニやファーストフードで食事を済ませているという方、せっかく栄養がある食材を食べても、栄養素を身体にきちんと吸収することが出来ません。
食材が持つ栄養素をより多く身体の中に吸収をするためにも、新鮮な食材を自分自身の手で調理して食べるようにして下さい。

 

食生活の大切さ

更年期対策として行う食生活の改善は、更年期の症状を改善・予防することはもちろんのこと、健康な身体づくりにも繋がってくれます。
身体が健康な状態だと、毎日が生き生きとして楽しく過ごすことが出来ますので、心の健康にも大きく影響をしてきます。
1日の始まりである朝食は特に大切です。
上記の栄養素を含む食材を積極的に朝食では採用をするようにしましょう。

 


選んで良かった!更年期サプリ 口コミランキング
高麗美人 FUWARI エクオール+ラクトビオン酸

高麗美人 口コミこちら
モンドセレクション4年連続金賞を受賞!高麗人参サプリ




FUWARI 口コミこちら
高濃度のプラセンタとコラーゲンが摂れる!更年期とキレイに働く嬉しいサプリメント



更年期の救世主!と大注目されているエクオールを手軽に摂れるサプリメント