産後に起こる更年期障害とは?

多くの女性の方は、20代から30代の年齢で妊娠と出産を経験されます。
働き盛りでかつ身体も元気に動ける年代ですので、出産後に無理をして身体を動かす方も少なくありません。しかし、出産後に無理をすることによって、更年期障害は早く来てしまうと言われているのです。
中には、妊娠と出産をする年齢である20代から30代で更年期障害の症状が出てしまったという方もいらっしゃいます。
若くして更年期障害の症状が出てしまった原因が、必ずしも出産後に無理をしたからとは言い切れません。

 

それでは、なぜ若くして更年期障害の症状が出てしまうのか、その原因を追究していきたいと思います。

 

若年性更年期障害の原因

 

出産後に更年期障害の症状が出る方がいらっしゃいます。こういった若くして更年期障害の症状が出ることを若年性更年期障害と言います。

 

なぜ、出産後すぐに更年期障害の症状が出るかと言いますと、ストレスや生活習慣の乱れが原因と言われています。

 

更年期の年代で起こる更年期障害の原因は、女性ホルモンの減少ですので、全く原因が異なってきます。出産後は、慣れない育児でストレスを感じたり、赤ちゃんのリズムに合わせて不規則な生活になったりするので、それが卵巣の機能を低下させてしまい、更年期障害の症状と同じ症状が起こってしまうのです。

 

子育てに専念をしなければいけない、他のお母さんはちゃんと出来ているのに、といった気持ちがストレスになってしまい、精神面で安定をすることが出来ず、そこから身体の異常を引き起こしてしまうのです。

 

産後うつという言葉をよく聞きますが、それと関連をして若年性更年期障害の症状にも悩まされることがあるのです。

 

産後の自分と向き合おう
最初に、産後に無理をしてしまうと更年期障害の症状が強く出ると言いましたが、医学的に立証をされていることではありません。

 

現段階では、産後に無理をすることと更年期障害の症状のレベルは無関係である、と考えられています。とはいっても、産後の女性の身体は非常にダメージを受けていますし、デリケートな状態です。
無理をせずに身体を休ませてあげることは、とても大切なことではあります。


 

特に骨盤周りのダメージは大きく、妊娠・出産を経て骨盤は大きく変化をしていますので、元の状態に戻してあげるようにしっかりと休ませてあげなければいけません。
そうしないと、骨盤が広がった状態で固定をされてしまい、骨盤のゆるみから尿漏れを引き起こしやすくなってしまうのです。

 

出産後は、自分の身体と心にしっかりと向き合い、人に頼るという選択肢を持つことも大切です。若いとついつい無理をしてしまいますが、身体や心に何らかの影響を与えていることは間違いありません。

 

どんなときでも無理をせずに、自分自身を大切にしてあげることが、健康な身体・心をつくることになります。


 


選んで良かった!更年期サプリ 口コミランキング
高麗美人 FUWARI 白井田七

高麗美人 口コミこちら
モンドセレクション4年連続金賞を受賞!高麗人参サプリ



FUWARI 口コミこちら
高濃度のプラセンタとコラーゲンが摂れる!更年期とキレイに働く嬉しいサプリメント


白井田七 口コミこちら
更年期の『めぐり』に働きかける自然のパワー漢方系サプリメント