更年期に起こる眠気のメカニズム

更年期障害の症状と言えば、身体の火照りやイライラ、気分の落ち込みといった症状をイメージされるかもしれません。もちろんこういった症状を更年期に感じる方は多くいらっしゃいますが、実は多くの更年期女性の方が強い眠気を症状として感じられているのです。

 

眠気と言えば妊娠時の症状をイメージされるかもしれませんが、同じホルモンの変化によって更年期でも強い眠気を感じてしまうのでしょうか。

 

 

更年期に起こる眠気について

 

更年期に感じる眠気の原因は、体内の女性ホルモン量のバランスが乱れてしまうことによって起こる自律神経の異常とされています。
自律神経がうまくはたらかなくなると、交感神経と副交感神経が正常に作動しなくなり、昼夜の生活が逆転してしまうことがあるのです。
そうなってしまうと、夜は眠れないけれど日中は強い眠気を感じる、こういった症状が起こってしまうのです。

 

眠くなったときの対策

 

更年期障害によって起こる眠気というのは、日中に起こってしまうという特徴があります。つまり、仕事をしたりと活動的になっているタイミングで眠気に襲われるのです。
そうなってしまうと、生活に支障をきたす可能性が大きくなってしまいます。

 

日中に眠気に襲われた場合、我慢をしているとずっとその眠気と戦い続けなければいけなくなります。
ですので、思い切って10分程度仮眠をされることをお勧めします。

 

10分という短時間ですが睡眠を取ることにより、脳も身体もスッキリとリフレッシュさせることができ、強い眠気からも解放されます。
強い眠気で生活に支障が出てしまう場合は、心療内科を受診すると色々と相談に乗ってもらえます。

 

無理をしないことが大事

 

更年期の時期というのは、閉経という大きな身体の変化が起こりますので、不調を感じやすくなります。身体もデリケートになっていますので、無理をせずに身体をいたわってあげることを考えて下さい。

 

閉経を境にして前後2〜3年が、最も更年期障害の症状が出やすいと言われています。

 

この間の5年弱は、身体の変化とうまく付き合うためにも、無理をしないということが非常に大切になるのです。

 

眠気の原因は医療機関で確認を

 

更年期障害の症状の1つである眠気ですが、病気によって眠気が起こることもあるのです。

 

血糖値の異常により、眠気を引き起こす場合もあります。

 

毎日のように眠気が続く場合、更年期障害の症状の可能性もありますが、その他の病気による可能性もありますので、自分で判断をせずに医療機関を受診するようにしましょう。

サプリメントの活用も良いアイデア

また、身体の中からアプローチをする、サプリメントの活用も良いアイデアです。
中でもキッコーマンから発売されていピースナイトは、更年期に突入する40代の女性に注目したアイテム。
ピースナイトは快適な休息をサポートするサプリメントとなっています。

 

特に、リラックス効果の高い「テアニン」や「パッションフラワー抽出物」を配合しているのに加え更年期障害の症状緩和としても期待ができる「GABA」も使われています。

 


購入して飲んでみました⇒ピースナイト 口コミ

 

 

中高年の3人1人が睡眠に不満を持っているそうです。

 

私もときどき夜中に起きてしまって眠れないことがあります。虫がはしるようなムズムズして寝付けないことがあって本当にイライラします。この症状は妊婦のときにもありましたので、ホルモンの関係ではないかと自分では思っております。

 

更年期障害の眠気について取り組みたいなら、お醤油で有名なキッコーマンのサプリ「ピースナイト」がおすすめですよ。

 


選んで良かった!更年期サプリ 口コミランキング
高麗美人 FUWARI 白井田七

高麗美人 口コミこちら
モンドセレクション4年連続金賞を受賞!高麗人参サプリ



FUWARI 口コミこちら
高濃度のプラセンタとコラーゲンが摂れる!更年期とキレイに働く嬉しいサプリメント


白井田七 口コミこちら
更年期の『めぐり』に働きかける自然のパワー漢方系サプリメント