痛みから身体を守ろう!更年期に起こる下腹部痛のメカニズム

更年期になると、生理痛のようなナゾの痛みに悩まされるようになります。

 

40代から50代の女性で、生理でもないのに下腹部が生理痛のように痛む、そんな方は更年期障害の症状が起こっていると思って下さい。

 

この更年期障害の下腹部痛は、閉経前の女性に起こることが多いようです。
下腹部のジンジンとした痛みは、長期に及ぶこともあるため、何らかの病気になったのではと不安に思われる方も多いようです。

 

それでは、更年期に起こる下腹部痛はなぜ起こるのか、その原因をみていきたいと思います。

 

更年期障害の1つである下腹部痛はなぜ起こるの?

40代後半から50代の女性の方は、閉経をいつ迎えるかきになるようになると思います。実は、閉経のタイミングを身体による症状によって見抜くことが出来ると言われています。

 

出血やおりものの変化であったり下腹部痛というのが、閉経前になると起こるとされています。
閉経前のサインとして起こる下腹部痛は、1日程度で終わることはなく、長期に渡って続くと言われているのです。

 

長期間下腹部痛が続くため、内臓や子宮の病気ではと不安に思われる方も少なくありません。

 

下腹部痛を引き起こし、なおかつ医療機関を受診しても何の異常もない場合は、閉経が近づいているサインと思って間違いないでしょう。
閉経を迎えるサインとして起こる下腹部痛は、子宮が収縮をされることによって起こるものと、女性ホルモンが減少をして自律神経のバランスが崩れてしまうことによって起こるものがあります。

 

下腹部痛を引き起こさないためには

閉経を直前に控えた女性というのは、下腹部痛以外に腰痛や関節痛も引き起こすことがあると言われています。
また、年齢的に筋肉の衰えも始まり、骨粗しょう症を引き起こしやすくもなりますので、ストレッチなどの運動で筋肉をしっかりと動かしてあげるようにしましょう。

 

激しい運動をする必要はなく、スクワットなどの簡単なストレッチやウォーキングなどで十分です。

 

意識して身体を動かして筋肉を使ってあげることで、下腹部痛や腰痛などの身体の痛みが起こりにくくなります。
身体の痛みというのは生活に大きく影響を及ぼします。

 

痛みが改善をしない場合は、婦人科などの医療機関を受診して下さい。


 


選んで良かった!更年期サプリ 口コミランキング
高麗美人 FUWARI 白井田七

高麗美人 口コミこちら
モンドセレクション4年連続金賞を受賞!高麗人参サプリ



FUWARI 口コミこちら
高濃度のプラセンタとコラーゲンが摂れる!更年期とキレイに働く嬉しいサプリメント


白井田七 口コミこちら
更年期の『めぐり』に働きかける自然のパワー漢方系サプリメント