更年期の女性に起こりやすい不正出血とは?

生理のタイミングではないのに出血がある、そういった症状が更年期の女性の方には起こりやすくなります。突然出血をしてしまうため、子宮や内臓の病気を疑って心配をされる方も少なくありません。

 

不正出血が症状として起こる病気もありますので、更年期障害の症状と素人がなかなか断定をし辛いものがあります。
それでは、更年期障害による不正出血はなぜ起こるのか、また防ぐ方法をみていきたいと思います。

 

 

更年期障害が引き起こす不正出血

不正出血というのは、生理のタイミング以外に起こる出血のことを言います。
不正出血は、若い女性も起こりやすいのですが、若い女性の場合は、ストレスや月経の乱れが原因のことが多いです。
更年期の女性が引き起こす不正出血は、ストレスは若い女性と同じですが、その他は無排卵月経であったり、子宮頸がん、子宮体がんが原因のことが多いので、医療機関をすぐに受診することを勧めます。

 

また、更年期の女性は、女性ホルモンの分泌量が減って閉経を迎える方も増えます。閉経後に不正出血を起こした場合、萎縮性膣炎による出血が考えられますので、婦人科を受診するようにしましょう。

 

更年期女性が行うべき不正出血の対策

更年期の女性が引き起こす不正出血は、更年期障害が大きく影響をしていることが多いです。更年期を迎えた女性の身体は、閉経という大きな身体の変化があり、非常に不安定な状態にあります。

 

閉経をすることによって、卵巣機能が低下をして女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量が大きく減少をします。エストロゲンの分泌量が減少をして更年期障害による不正出血を引き起こしている場合、女性ホルモンを体内に入れる治療を行うことで改善されることもあります。

 

更年期障害は、血行不良や冷えで症状を強めることもありますので、身体を締め付けるような服装をしたり、高いヒールの靴を履くことは避けた方が良いと言われています。

 

不正出血は閉経を迎えれば収まっていきます。
閉経を迎える準備に入ると、生理のタイミングが乱れてしまったり、不正出血が起こったりと、出血で悩まされるようになります。

 

不正出血はどのタイミングで起こるか分かりませんので、不正出血が起こっても洋服を汚さないようにするために、常におりものシートを付けておくことをお勧めします。

 

不正出血で大切なことは

更年期障害による不正出血は、閉経を境に前後2〜3年の間に起こりやすいと言われています。

 

ただ、不正出血は更年期障害の症状だけでなく、子宮頸がんや子宮体がんといった病気によって引き起っていることも十分に考えられます。
自分自身で判断をするのではなく、症状が出たら医療機関を受診するようにしましょう。

 


選んで良かった!更年期サプリ 口コミランキング
高麗美人 FUWARI エクオール+ラクトビオン酸

高麗美人 口コミこちら
モンドセレクション4年連続金賞を受賞!高麗人参サプリ




FUWARI 口コミこちら
高濃度のプラセンタとコラーゲンが摂れる!更年期とキレイに働く嬉しいサプリメント



更年期の救世主!と大注目されているエクオールを手軽に摂れるサプリメント