更年期50代の不眠の悩みについて

 

更年期に起こる不眠の原因

 

更年期に起こる身体の不調の1つに「不眠」の症状があげられます。
年齢と共に体力も衰えていきますし、疲れも取りにくくなることから、不眠というのは日常生活に大きな影響を与えます。

 

更年期に起こる不眠の原因は、自律神経の乱れによって体内時計が狂うこと、と言われています。
体内時計が狂ってしまうことで、本来であれば熟睡をしている時間なのに、眠りが浅くなってしまったり、なかなか寝付けない、といった状態が続いてしまうのです。
また、疲れや冷え、ストレスといったものも、不眠の原因になると言われています。

 

更年期を迎えると、血流が悪くなったり、疲れが溜まりやすくなったり、仕事や家庭でのストレスを抱えたりという方が多くいらっしゃいます。
こういったことも、不眠を引き起こす原因になってしまっているのです。

 

 

人によって理想の睡眠時間は違う

 

人間の理想の睡眠時間は「8時間」と言われています。皆さんもこれはよくご存知なのではないでしょうか。
睡眠時間を8時間確保しなければ健康な身体を維持出来ない、と思われている方が多いので、睡眠時間を8時間確保することを意識されている方も多いでしょう。

 

しかし、人間には個体差がありますので、全ての人間が必ずしも8時間睡眠時間を確保しなければいけないということはないのです。
大切なことは、その人にとって身体も心も疲れを取ることが出来るだけの睡眠時間を確保出来たかどうかなのです。

 

ある人にとっては8時間睡眠がベストの睡眠時間であっても、ある人にとっては6時間睡眠でしっかりと睡眠を取れたと感じれることもあります。
睡眠時間が8時間未満であっても、その人の身体と心の疲れが取れれば、それはその人にとっての理想の睡眠時間を確保出来ているということなのです。

 

 

私たちは、睡眠を取ることによって、身体の細胞を修復させたり、頭の中の整理を行います。これらの機能というのは、40代を過ぎると衰えていくと言われています。ですので、年齢と共に睡眠時間というのは短くなっていきます。


 

子供がたくさん睡眠時間を取って、お年寄りが睡眠時間が短いのは、身体の機能の衰えからくる自然現象でもあるのです。

 

不眠の症状がある方の多くは、8時間睡眠を取ることにこだわっていらっしゃいます。しかし、人によって理想的な睡眠時間はバラバラですので、特段気にする必要はないのです。

 

不眠を解消するには

 

更年期による不眠の症状を改善したいのであれば、体内時計を正常にはたらかせてあげる必要があります。
私たち人間の体内時計というのは、朝にリセットをされる仕組みになっています。ですので、朝の時間を大切にしなければなりません。

 

身体に1日の時間サイクルを認識させるために、朝は同じ時間に同じように行動をするようにしましょう。
起きる時間を統一することはもちろんのこと、朝食の時間や活動開始の時間も毎日同じ時間に合わせるようにしましょう。また、天気の日には朝日を浴びるということも大切です。

 

太陽の光を身体が浴びることで、脳が朝の時間であることを認識し、体内時計をきちんとリセットしてくれるのです。身体に朝であるということを強く認識させることで、体内時計をリセットさせて1日をスタートさせることが出来るのです。

 

身体が朝を認識することが出来れば、夜の時間には夜を認識することができ、自然と睡眠に入ることも出来るでしょう。

 

細胞から睡眠を促す

 

私たちの身体は、メラトニンという脳内物質が増えることで睡眠へと入っていくと言われています。ですので、不眠で悩んでおられる方は、メラトニンを増やしてあげる必要があるのです。

 

メラトニンを増やすことが出来る物質として知られているのがトリプトファンです。このトリプトファンという物質は、バナナ、大豆製品、乳製品、ナッツ類、肉や魚の赤身に多く含まれています。

 

炭水化物と一緒に摂取することで、脳内まで届きやすくなると言われています。積極的にこれらの食材を食事に取り入れるようにしましょう。

 


選んで良かった!更年期サプリ 口コミランキング
高麗美人 FUWARI 白井田七

高麗美人 口コミこちら
モンドセレクション4年連続金賞を受賞!高麗人参サプリ



FUWARI 口コミこちら
高濃度のプラセンタとコラーゲンが摂れる!更年期とキレイに働く嬉しいサプリメント


白井田七 口コミこちら
更年期の『めぐり』に働きかける自然のパワー漢方系サプリメント