更年期に起こる動悸や息切れの原因とは?

私たちの身体には、頭からつま先まで自律神経と呼ばれる神経が通っています。
この自律神経と言われるものは、私たちの心臓や呼吸をコントロールしている非常に大切なものなのです。

 

日常生活の中で、心臓がドキドキとしたり、息が切れてしまうことはあると思います。
心臓がドキドキすることを動悸と言ったりもしますが、この動悸や息切れといった症状は、更年期を迎えると頻繁に起こるようになると言われています。

 

もし、動機や息切れが不安なときや心配をしているときに起こる場合、自律神経が乱れてしまっている可能性があります。
動悸や息切れは、心臓や血管障害が原因となることもあり、最悪の場合命を落としてしまうこともあります。命に関わることもありますので、自己判断をせずに医療機関を受診されることをお勧めします

 

自分の同期のタイプを知ろう

 

動悸というのは、心臓がドキドキしているのを感じることなのですが、いくつかのタイプがあり、それぞれ異なった症状が出ると言われています。自分がどのタイプの動悸かを知ることによって、原因を追究することが出来たり、改善方法を見出せる可能性があります。

 

動悸には主に3つのタイプがあると言われています。それぞれの症状の様子や特徴、原因を説明していきます。

  • ドクドクと鼓動を感じる

心臓がドクドクと動いているのを強く感じるタイプの動悸は、精神的なことが原因となっておこります。
興奮状態であったり、緊張をしていたり、不安を感じるとき、このタイプの動悸が起こると言われています。
更年期を迎える年代は、自分の健康やパートナーの健康、子供の将来、親の死など、精神的に不安定になりがちです。
更年期の症状というよりも、ストレスなどの精神的なことが原因となっているのです。

 

  • 脈が飛ぶ

スムーズに打っていた脈が急に飛ぶことがあります。
これを感じたら、不整脈を起こしている可能性があります。
脈が飛ぶことを期外収縮と言うのですが、この症状が頻繁に起こっている場合は、医療機関で治療を受けなければいけません。
期外収縮は、気付かないうちに起こっていることもありますので、不調を感じた場合は意識をするようにしましょう。

 

  • 鼓動が小さくなる

鼓動が感じにくくなっている場合、貧血やホルモン異常、心臓病を引き起こしている可能性があります。
胸が苦しいと感じたり、めまいやふらつきを感じることもあります。
治療が必要になりますので、早めに医療機関を受診して下さい。

 

動悸や息切れを感じた場合

 

動悸や息切れを感じたら、無理をせず安静にして下さい。
動悸や息切れは、精神的なことが原因となって起こることも多いので、ストレスや不安を溜めないようにしましょう。また、心臓や血管の異常によって起こることもありますので、頻繁に起こるようであれば、医療機関を受診することも大切です。

 

動悸や息切れの症状は、周囲からするとそこまで大したことがないように思えますが、本人にとっては大きな身体の変化を感じるものです。
無理をせずに周囲に理解を得ること、周囲のサポートを受けるようにして、無理のないようにして下さい。


 


選んで良かった!更年期サプリ 口コミランキング
高麗美人 FUWARI エクオール+ラクトビオン酸

高麗美人 口コミこちら
モンドセレクション4年連続金賞を受賞!高麗人参サプリ




FUWARI 口コミこちら
高濃度のプラセンタとコラーゲンが摂れる!更年期とキレイに働く嬉しいサプリメント



更年期の救世主!と大注目されているエクオールを手軽に摂れるサプリメント